4.「悩みは自分で解決できる」というメインテーマを選んだ理由

公開日:  最終更新日:2020/02/04


私が「悩みは自分で解決できる」というメインテーマを選んだ理由をご説明いたします。

プロフィールにも書いておりますが、私は当初、ネット上にある
「お悩み掲示板の一参加者」という気軽な気持ちで、恋愛アドバイスをしていました。

それが予想外に個別で相談を受けるようになり、ブログを立ち上げて
私の恋愛観やアドバイスを行うようになったのですが、
アドバイス内容を褒められる自分が嬉しい反面、先生?や師匠?のような意味合いで
「教えてください」的な相談が増えるにつれ、違和感を覚えるようになりました。

個別に、何度も、詳細に誠実に対応すればするほど、
「こういう場合、奈津子さんならどうされますか?」と、
ご自分の意見を決めたり考えたりする前に、私の見解を求められるようになり、
私は「まず、貴女はどう思い、どう行動しようと考えているのですか?」と
返信する流れが多くなりました。

(どうして、何でもかんでも私に聞くのだろう?)と思うと同時に、
(・・・あれ?これって相談者に依存されてるってこと?
・・・というか、私が自分の意見を言い過ぎて依存させてしまってる?)
と感じるようになりました。


例えば、その人にとって私の意見が納得、共感できるようなものであった場合、
私の恋愛観が少なからず、相談者に影響を与え始めるのだと思いますが、
よくよく考えてみれば、相手の顔は知らないし、どんな日常を送ってるか分からないし、
送られた相談メールの内容すべてが真実だとは限らない訳です。
(「彼は口下手です」と書かれていても、単に口うるさい彼女と話したくないだけかも、等)

私がそのメール内容から想像し、推測したに過ぎない見解でも
それを私が主張すれば、「口のうまい人間」と変わらない感じで
悩んでいる相手をある意味で洗脳できてしまう事実に、
(何か違う・・・これは相手の為にも良くない・・・)と思いました。

加えて、交流が続くと、前回も伝えた具体的なアドバイスを
日常で実践できないまま、同じレベルの悩みで相談を送ってくる方も現れ、
(私とメールすることで、解決した気になってしまうのではないか)
(前回も熱く伝えたのに、伝わっていなかったんだな・・・)などと感じるようにもなり、
一度、ブログを中止しようと思い至りました。

そうこうしている内に、私と慎二の日常生活でお金の苦労が多くなり、
私は「男女関係とお金」というテーマを考えるようになりました。
その自分の課題を克服する為、読書などで内観する日々に移行していきました。

7年の同棲生活(2013年時点)で色んな経験や気付き、学びがありました。

2人で仲良く、幸せに暮らせるようになった今を振り返ってみたとき、
仲良く暮らす為の重要なテーマやコツを私なりに見つけたことで
(メルマガで発表してみよう)と思うようになった訳ですが、
根本的な、一番の収穫は、< 自分を好きになれたこと >でした。

何故、自分を好きになれたかというと、
短所を正確に把握して必要以上に嫌悪しなくなったことと、
長所を過大評価せず、たまには自分を戒めることができるようになったからです。

慎二への八つ当たりが減り、悩み(負の感情)をなるべく引きずらないよう、
気持ちの切り替えが早くなったり、感謝すべきことに気付けるようになった自分が
(まんざらダメな女でもないな~)と自分を許せるようになったことが大きかったです。
短所を嫌悪しない、長所を過大評価しない。
そうすることで自分を好きになれた訳ですが、
(そもそも私はどうやって嫌悪や過大評価がなくなったのだろう?)と振り返って考えたとき、
私は内観と分析をひたすら続け、自分と向き合い、悩みを直視してきたことが大きいと
感じました。

人から「考えすぎだよ」と言われても、
自分の「思い悩む性格」は変えることができませんでした。
(それならいっそ)と、とことん、自分の「負の感情の出所」を探し続けました。

探しても原因に辿り着けない日々が長く続きましたが、
結局、「負の感情の出所」へ辿り着いて自分を許せた本当の原因は
「性格の悪い部分を見捨てなかったこと」が大きかったのではないか、と思います。


私は弱い人間なので、自暴自棄になった時期もありました。
でも、根本的な考えとして(どうせ私はこんな性格だから、もういいや)とか、
(私はこういう気質なんだから、仕方ない)とか、そういう開き直りが
意識の中で固定することはありませんでした。

何故なら、そう思っている時期は、どうしてもイヤなことが起きたり、誰かに批判されたりして
トラブルが起こり、自分自身、とても辛く苦しかったからです。

そこで「私を傷付けた相手が悪い。私はこういう性格なのだから仕方ない」という論理で
物事を解釈すると、当然、自分の気付きはないし、成長もありません。苦悩は続きます。
かと言って、幼少の頃、イジメられてたときと同じ論理で
「すべて私が悪いんだ」という解釈も、また違うと気付いていました。

何が原因だ?どうしてこうなった?
相手はどういう心理が働いて、私とケンカになったの?
私はどういう気持ちの流れで、相手に腹が立ったの?

そういう内観と分析を繰り返すうちに(ここは、私だけが悪いんじゃないな)とか、
(ここは、私が傲慢だったな)と気付けるようになりました。

私の気付きや成長の流れとして、



(1)悩みができる
    ↓
(2)内観と分析をすることで、自分の人間性を正確に把握できる
    ↓
(3)短所を嫌悪せず、長所を過大評価しない自分になれる
    ↓
(4)そんな自分を好きになれる。基本的に、いつも幸せ。
(仮にイヤなことが起きても、今の私なら乗り越えられる)と思える。
    ↓
(5)悩みを自分で解決できるようになる
    ↓
(6)精神的に安定、自律した感覚で(自分の人生を生きている!)という充実感が芽生える。



・・・こういう心理状態になっていきました。

そしてふと、ブログ運営当時の相談者たちを思い出したのです。

あのとき私は(私のアドバイスで幸せになる恋愛観に気付き、
相談者たちに素敵な恋愛をして欲しい!)と願い、アドバイスをしていました。

でも今は(そもそも、私の意見に依存せず、自分で解決策や改善点を見つけ、
今の私のように自力で悩みを解決できれば、それが相談者にとって一番、
良いことなのではないか?)と思いました。
恋愛に限らず、生きていれば悩みは発生します。

その都度、過去の私みたいに、どこかの先生や恋愛本に救いを求めたり、
女友達に愚痴ったり、パートナーに八つ当たりしたり、
そうやっても解決しない悩みに悶々として行き詰まったり・・・。

そんなことを繰り返したい人なんていないんじゃないか、と。

そしてもし、
< 自分の悩みは自分で解決できるんだ >という事実を知ったら、
その成功の一例として、私の内面世界を伝えることは
誰かの役に立つのかもしれない、と。

傲慢だけど(誰かに何かを伝えたい!)という欲求が湧いたので、
私は「悩みは自分で解決できる!」というタイトルで
メルマガを開始しました。

恋愛がうまく行ったり、お金と上手に向き合えたり、自分を好きになれたりした以上の幸せ、
それが、< 自分で悩みを解決できる力を得た >ということだったので、
メインテーマに選びました。



私が何故、自己解決力を鍛えるのかと言うと、



(1)自分の幸せの為だから。

(2)周りを幸せにすることに繋がっているから。
(負の感情をまき散らして周りに迷惑をかけないで済むので、結果的に周りも幸せになる)



・・・上記2点を実感しているので(頑張って自己解決力を鍛えよう!)と思えるのです。

パートナーと仲良く幸せに暮らすには、いろんな要素が必要だと思います。
その要素が絡み合って幸せが持続するのですが、
仮にパートナーがいなくなっても、自力で幸せになれる根本原因は、
やはり「自分で悩みを解決できる力を持っている」ことではないかな~と、私は思います。




■次は、こちら ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
メルマガのご登録は簡単、安心の「まぐまぐ」で。
● サンプル号をお読みいただけます。
● 購読した初月は無料で読めます!
● 購読した月の月末までに解除すれば課金されません。
● 配信停止は、読者さんご自身のマイページから
  解除する仕組みになっております。
悩みは自分で解決できる!~男と女と、お金と、自分~
■ 毎月2回発行(10日、20日)
■ 創刊日 2014年1月10日
■ 購読料 1ヵ月440円(1配信220円)

PAGE TOP ↑